2019年02月09日 [ 予約受付中 ]

ピースビレッジ第67回「〜歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える〜 『いのちの音色』トーク&ライブ」

講師:中村里美(シンガーソングライター/映画監督・プロデューサー)伊藤茂利プロフィール(映画プロデューサー・音楽監督・作曲家・ギタリスト)

日本文化の紹介と共に被爆者のメッセージをアメリカの学校や教会で伝え、原爆映画を上映した経験、その中から生まれた歌・演奏や被爆体験の朗読により「いのちの大切さ」「平和の尊さ」を共に感じ合うトーク&ライブ形式の講演。その他、日本全国・海外ライブ活動の中から生まれた映画『アオギリにたくして』の製作秘話や、現在も続く日本全国ライブ・上映活動の体験談etc.

■中村里美(シンガーソングライター/映画監督・プロデューサー)

民間外交プロジェクト「ネバー・アゲイン・キャンペーン」第1期民間大使として1986年に単身渡米し、約一年間に渡りアラスカ・オレゴン・ネバダ・オハイオ等の学校や教会等280箇所で原爆映画を上映し、被爆者のメッセージを伝える。帰国後は、異文化コミュニケーション誌の編集長を経て独立。広島の被爆者 沼田鈴子さんをモデルとした映画『アオギリにたくして』では、初の企画・製作・プロデューサーを務め、主題歌・挿入歌も手がけ、第1回JASRAC音楽文化賞を受賞。日本全国上映と共に海外上映&ライブ活動も展開している。第2作目のドキュメンタリー映画『かけはし』が昨年(2017年)劇場公開。現在、来年の公開を目指してドキュメンタリー映画「いのちの音色」を製作中。 2008年より、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」1000回ライブを目指し、国内外でのライブ公演活動を続けている。 著書:「アメリカにだってつたえちゃえ」(汐文社) 絵本「おりづるにのって」(ほんの木)/サントラ盤CD「アオギリにたくして」「かけはし」 CDアルバム「いのちの音色」etc.

■伊藤茂利プロフィール(映画プロデューサー・音楽監督・作曲家・ギタリスト)

キングレコードから『マグネチックストーム/井上 博&RASA』でアルバムデビュー。プロデューサー・音楽監督を務めた映画『アオギリにたくして』は、第1回JASRAC音楽文化賞受賞。映画『LAST LOVE/愛人』(石川均監督作品)では、火野正平演じるギタリスト役のギター音楽を担当。ドキュメンタリー映画『かけはし』では、プロデューサー・音楽監督を務める。歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える『いのちの音色』ライブ公演を展開中。 サントラ盤CD『アオギリにたくして』『かけはし』 CDアルバム『いのちの音色』

講演時間 16:00~17:30
参加費 会員:1,000 非会員:2,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 青山AZITO セミナールーム
東京都港区赤坂7-2-17 赤坂中央マンション303号室
>> 会場MAP

会員にご登録いただくと、今回のお申込みより会員価格が適用となります。
>> 新規会員登録はこちらから

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。