2012年11月18日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第8回「未来のパートナ-シップを考える。どうなる、仕事、結婚、妊娠、子育て」

講師:白河桃子(少子化ジャーナリスト、作家)

日本は少子高齢化の最先端をいく国。その要因として、未婚、晩婚化があります。日本では婚外子はわずか2%。結婚しない人が増える、晩婚の人が増えると、少子化に直結します。2010年度の生涯未婚率は男性2割、女性1割。

なぜ日本は次世代を作れない国となったのか?

その原因は働き方と婚姻制度の硬直化にあるのではないか?

女性の働き方と結婚、出産(婚活、妊活ブーム)を通して未来の家族、パートナーシップの在り方を一緒に考えていきましょう。

特別ゲスト:治部れんげ さん(経済記者 二児の母 『稼ぐ妻・育てる夫:夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)『ふたりの子育てルール』(PHP)著者)

■白河桃子(少子化ジャーナリスト、作家)

東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。 少子化ジャーナリスト、作家、全国地域結婚支援センター理事 文教大学生活研究所客員研究員 家族社会学会会員 女性たちの年代別ライフスタイル、未婚、晩婚、少子化、女性のインタビューがテーマで、膨大な取材量には定評がある。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活(結婚活動)」を提唱し、共著の「婚活時代」(ディスカバー21)が19万部のヒットに。「婚活」は2008年度流行語大賞にノミネートされるほど世の中に影響力を持つワードとなり、今日も注目されている。最新刊「妊活バイブル」 地方自治体の結婚支援事業などでの講演多数。女性の仕事、結婚、妊娠までを視野にいれたライフプラン授業を、高校、大学にて行っている。「大妻女子大就業力GP ライフデザイン」をプロデュース。品川女子学院にて「女の子を幸せにする心とカラダの授業」をプロデュース。

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。