2012年03月11日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第1回「人を幸せにする社会と、そうでない社会。日本は幸福途上国か?」

講師:目崎雅昭
3・11からすでに1年が経とうとしています。しかし東日本に限らず、日本ではいまだに
多くの問題が山積みです。そういったいろいろな社会問題を考えるとき、忘れてはいけ
ない非常に重要な点があります。
それは、最終的にどのような社会や国を目指すのか、という方向性です。つまり、何の
ために社会があり、国があるのか、という根本をしっかりと把握することです。そのひとつ
として「人が幸せに暮らせる社会」は、究極的な目的となるでしょう。
では、どうすれば「幸せな社会」が実現するのでしょうか。
近年ではブータンがよく話題に出ますが、私の個人的な意見として(実際に現地へ訪れた
ことも踏まえ)、メディアが実情以上に賞賛していると思います。しかし世界中の国々を
いろいろな角度で見渡すと、実は一貫した「人を幸せにしやすい社会」の傾向が見えてくる
のも事実です。どのような社会で人が幸せに成りやすく、また人を不幸にするのか、文化や
社会の構造という視点から、個人と社会との関わりについて考えたいと思います。そして
「個人の幸福の追求」と「社会への貢献」が同じ延長線上にある「社会個人主義」を提言
したいと思います。

■目崎雅昭

慶應義塾高校、慶應義塾大学商学部卒。在学中、米ペンシルバニア大学へ留学。 ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)社会人類学修士号。 1993年メリルリンチ証券へ入社。デリバティブ(金融派生商品)トレーダーとして金利スワップ を担当。東京、ニューヨーク、ロンドンで勤務し、世界のマーケットと格闘。メリルリンチ社内で 世界一の収益をあげる。メリルリンチ証券退社後、世界100ヶ国以上へ10年近い歳月を かけた旅に出る。インド、アフリカ、南米を中心とした、まったく違う世界観で生きる人々と 身近にふれ合うことで、パラダイムの変換を目指す。アジア諸国を歴訪後、インド南部の アシュラムにて1年間、瞑想に没頭。内的な旅に目覚める。インド各地を歴訪後、パキスタン、 タリバン政権時代のアフガニスタンへ。その後イランを歴訪中、9・11同時多発テロが発生。 急遽、中東諸国への旅を断念し、トルコを経由して東欧各国へと向かう。その後アフリカ大陸 への準備として、パリで1年間のフランス語研修。 2003年一時帰国。(株)コンパスにて 未来予想クイズサイトeBetの立ち上げと運営に参加。2006年、ロンドン大学にて社会人類学 の修士号を取得後、それまでの異文化の体験と世界水準の学術的な理論の融合を求め、 チュニジアを皮切りに1年かけてアフリカ大陸全土を歴訪。後に中南米へ渡り、スペイン語 研修を兼ねてアルゼンチンを中心に約2年間を過ごす。中南米大陸全土を歴訪。 帰国後、W・Kアドバイザリー(Wolfgang Kreft Advisory)日本代表に就任。

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。