2014年07月12日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第24回「波動から見る国家サイクル・マーケットトレンドの行方」

講師:菅下清廣(国際金融コンサルタント)

日本の国家サイクルは、20年に一度の建設循環の波が到来か!?

それがアベノミクスの相場第二ステージの号砲となる!二本目の矢、機動的な財政出動、国土強じん化計画が、その具体的な政策。三本目の矢、成長戦略と2020年の東京オリンピックと併せて、久方ぶりに好況到来、国家サイクルの上昇期の波動が近づいている。20年に一度の伊勢神宮の金の坐(くら)の時代が、昨年、2013年10月から開始、金の坐(くら)の時代は動乱、価値観の激変、新旧勢力の衝突、再生、復活、新生などの暗示がある。また、2016年からは算命学の法則によれば、経済確立期の時代に入る。

一方、マーケットサイクルは、20年以上に及ぶデフレ不況が終焉。円安、株高のトレンドが始まっている。日銀の異次元の金融緩和が進めば、資産インフレの時代が到来。株価と不動産・地価の底入れ、反転上昇の波動が始まる。どちらにしても、国家とマーケットの行方は今後アベノミクスが前進するかどうか、政治のリーダーシップが回復して、政権の安定が継続するかどうか、安倍政権の高い支持率が続くかどうかにかかっている。

■菅下清廣(国際金融コンサルタント)

スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。大和證券国際部を経て、メリルリンチ、ギダー・ピーボディなど外資系金融機関で要職を務め、1989年、フランス系投資銀行の日本法人ラザード・ジャパン・アセットマネージメント代表取締役に就任。1998年に同社を退社。現在は、内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務める。「経済の千里眼」の異名を持ち、政財界に多くの信奉者を持つ。

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。