2015年03月08日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第30回「東北復興からみえる、組織と個人のこれから」

講師:藤沢烈(一般社団法人RCF復興支援チーム代表理事)

 2015年3月11日で、東日本大震災から4年が経過します。報道も減り見えにくくなった被災地ですが、実は未来の日本と世界が必要とするチャレンジが続々と行われているのです。

 たとえばグーグルやキリンビールといった大手企業は、経済価値をうむだけでなく社会価値も生み出せる存在になるべく東北で脱皮し続けています。政府から基礎自治体といった行政組織も、横並び・前例主義ではなく、地域社会を変革できる存在になるべく変わろうとしています。東北に関わる個人は、消費者ではなく「時代の生産者」になるべく社会とのかかわり方をリデザインしつつあります。

 本講座では、企業・行政・個人による東北での先端事例を紹介しながら、2015年以降の日本社会がどうなっていくのかを皆さんと考えていきます。

参考:

『「お金でも制度でもない、被災地には人材が足りない」 藤沢烈さん』

(2014年9月8日、毎日新聞)

http://mainichi.jp/feature/interview/news/20140908mog00m040008000c.html

■藤沢烈(一般社団法人RCF復興支援チーム代表理事)

一橋大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立。NPO・社会事業等に特化したコンサルティング会社を経営。東日本大震災後、RCF復興支援チームを設立し、情報分析や事業創造に取り組む。文部科学省教育復興支援員も兼務。共著に『ニッポンのジレンマぼくらの日本改造論』(朝日新聞出版)、『「統治」を創造する 新しい公共/オープンガバメント/リーク社会』(春秋社)。 【参考】 ・インタビュー   『「お金でも制度でもない、被災地には人材が足りない」藤沢烈さん』(9/8、毎日)    →http://mainichi.jp/feature/interview/news/20140908mog00m040008000c.html ・ブログ   http://retz.seesaa.net/ ・Twitter   @retz

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。