2016年07月23日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第44回「腸・細胞・ミトコンドリア〜身体感覚を磨き、「自然体」を取り戻そう」

講師:長沼敬憲(サイエンスライター&エディター)

この世界で、心地よく、自由自在に生きていくためには、何が必要なのか?

そのカギは私たちの身体のなかにひそんでいます。食べ物を代謝するプロセスに注目した場合、重要になってくるのは腸→細胞→ミトコンドリアへとつづく生命活動のつながりです。百兆に及ぶ腸内細菌も、60兆もの細胞も、一つの細胞に数百、数千単位でひしめくミトコンドリアも、すべては小さな”生き物たち”。

内部にうごめく無数の「他者」と「自己」(細胞)との関わりに目を向けながら、何を食べ、どんな空間で、どう過ごすべきか? 食事、呼吸、睡眠のあり方、日々のコンディショニングの基本などについて、最新の科学的知見を織り交ぜながらわかりやすく解き明かします。

自らのポテンシャルを引き出すカギは、身体を構成する細胞のなかにあります。生物が本来持っている直観知を磨き、自然体を取り戻すヒントを手に入れたい方、心地よい空間を共有していきましょう。

■長沼敬憲(サイエンスライター&エディター)

1969年、山梨県生まれ。サイエンスライター&エディター、出版プロデューサー。リトル・サンクチュアリ代表。30代より医療・健康・食・生命科学の分野の取材を開始、書籍の企画・編集・プロデュースに取り組む。2015年、活動拠点である三浦半島の葉山にて小さな出版舎「ハンカチーフ・ブックス」を創設し、編集長に就任。著書に『腸脳力』『この「食べ方」で腸はみるみる元気になる!』。エディターとして、累計30万部を超えた「骨ストレッチ」シリーズ(『ゆるめる力 骨ストレッチ』『「筋肉」より「骨」を使え!』)のプロデュースを手がけるほか、『腸を鍛える』(光岡知足)、『Q&Aでよくわかるアレルギーのしくみ』(斎藤博久)、『栗本慎一郎の全世界史』(栗本慎一郎)、『医者が教える長寿のコツ』(佐古田三郎)『死と闘わない生き方』(土橋重隆・玄侑宗久)など、身体・生命に関わる様々な書籍の企画編集に携わる。http://little-sanctuary.net

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。