2016年02月13日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第39回「ライフスタイルとしてのピース・アクション」〜 私たちの日常生活や人生における自己実現をより創造的なものとしていくための平和活動 〜

講師:木戸寛孝(国際NGO 世界連邦運動協会 常務理事/NPO法人 世界連邦21世紀フォーラム 理事長)

国境を越えた地球社会の中に、成熟した国家と同様な、経済力や武力による「力の支配」ではなく、公正な「法による統治」を実現していこうとするのが世界連邦運動における平和構築にあたってのプリンシプルであり、世界連邦運動協会の初代会長であり憲政の父と称された尾崎行雄はそのことを「世界の廃藩置県」と述べました。そのための取り組みとして、すでに国連を筆頭に様々な国際機関は現場から様々な取り組み(ガバナンスの構築や法の整備など)にチャレンジしています。その現状を紹介すると共に、今後、人類が遭遇するであろうグローバル化した危機とはどのようなものなのか、そうした危機を乗り越えていくために法やシステムだけでなく、そもそも私たちはどのような進化した世界観や価値観をつくり上げていかねばならないのかを考察し、そこから垣間見えてくる身近なライフ・スタイルやワーク・スタイルのあり方についても考えてみたいと思います。平和とは、国家権力による政治問題や、宗教的な祈りの世界だけでなく、私たちの日常生活や人生における自己実現をより創造的なものとしていく上でも重要なコンセプトとなっていくのが21世紀という時代であることを、参加者の皆さんと共有したいと思います。

■木戸寛孝(国際NGO 世界連邦運動協会 常務理事/NPO法人 世界連邦21世紀フォーラム 理事長)

1969年生まれ。慶応大学法学部卒後、(株)電通に入社。電通を退社後、1999年10月から2003年3月まで千葉県香取市で農業に従事。2003年11月から、国際NGO・World Federalist Movement of Japanの事務局長として、2002年オランダ・ハーグに常設された国際刑事裁判所(ICC)に日本政府が加盟するためのロビー活動において中心的役割を果たした。2006年からはコンセプターとして株式会社umariに参画し、コミュニティー事業(丸の内朝大学、六本木農園)、地域活性事業(三重県、島根県、宮崎県と神社を活用した地域交流プロジェクト)、東北震災復興事業(東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト、福島大学・ふくしま復興塾)における講師およびコンセプトワークを行う。明治維新の元勲・木戸孝允の直系6代目。

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。