2017年01月22日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第49回「グローバル社会での日本文化発信『会所』」

講師:エバレット・ブラウン(湿版光画家。ブラウンズフィールズ代表)

リオ五輪も終わり、いよいよ2020に向けて様々な取り組みが始動します。

ロンドン五輪の際には、4年前から「カルチュラル・オリンピアード」と題した大規模な文化プログラムが展開され、観光や地域振興などでも大きな波及効果を生み出しました。日本でもサブカルチャーだけではなく、独自の自然観に裏打ちされた各地の伝統文化を発信することで、存在感を大いに高められるはずです。

その実現には、市民の伝統文化に対するリテラシーを向上させることは不可欠。しかも、単に形骸化した伝承ではなく、グローバル社会における文脈で日本を伝えることができれば、その価値は倍増します。

そこで我々は、中世の会所を現代に見立てる文化サロンとして「会所」を開くことで、リテラシーの向上を提案しようと思います。

国際感覚も備えた日本文化の目利きが開く「会所」の模様をスライドでご紹介します。

■エバレット・ブラウン(湿版光画家。ブラウンズフィールズ代表)

エバレット・ブラウン 湿版光画家。ブラウンズフィールド代表。1988年から日本に定住。国内の媒体ばかりでなく、「タイム」や「ニューヨーク・タイムズ」など、欧米の主要なメディアで定期的に作品を発表。フォトジャーナリストとしても、日本中を旅し、伝統風俗を学ぶ。姫田忠義や宮本常一、柳田邦男に深く感銘を受ける。日本文化デザインフォーラム会員、日本再発見塾(東京財団)呼び掛け人、経済産業省クール・ジャパン官民有識者会議委員などを歴任。

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。