2017年02月18日 [ 講座終了 ]

ピースビレッジ第50回「「所有のモード」から「存在のモード」へ」

講師:藤田一照(ふじた・いっしょう)

 「所有のモードhaving」と「存在beingのモード」は二つの「生きる態度」である。「所有」の次元では何かを自分の所有物として占有することが最優先事項になっている。そして、物や人、もっと抽象的なもの(知識や権力など)、それらを量的に豊かに所有すればするほど、幸福度が増すとされる。「わたしとはわたしが持っているもののことである」がこの次元における基本原則である。しかし、所有物を増すことへの没頭は必然的にその当人に不安、疎外感、孤独、空虚感をもたらす。失うことを恐れることなく、安心して所有することができるものなどこの無常の世には存在しないからである。また所有は所有者(主体)と所有物(客体)との溝を生み出すので、所有物に重きを置けば置くほど所有者の「存在」は空虚で皮相的になっていかざるを得ない。これに対するオルターナティブな道が「存在のモード」である。前者から後者へのモードの転換について、仏教の立場から論じてみたい。

■藤田一照(ふじた・いっしょう)

1954 年、愛媛県生まれ。現在、曹洞宗国際センター所長。東京大学大学院教育心理学専攻博士課程を中退し、曹洞宗僧侶となる。1987 年よりアメリカのパイオニア・ヴァレー禅堂で禅の指導を行う。近隣の大学や瞑想センターでも講義やワークショップを行う。2005 年に帰国。葉山で実験的坐禅会を主宰。著書に『現代坐禅講義』(佼成出版社)。共著に『あたらしいわたし』『安泰寺禅僧対談』(以上、佼成出版社)『アップデートする仏教』(幻冬舎新書)、ほか。訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)など。近著に鈴木俊隆師の法話集「not always so」を翻訳した『禅マインド ビギナーズ・マインド2』(サンガ)、『禅の教室』(伊藤比呂美氏との共著、中公新書)、『〈仏教3.0〉を哲学する』(山下良道、永井均との共著、春秋社)がある。

講演時間 14:00~16:30
参加費 会員2,000円(年会費10,000円)、非会員3,000円
申し込み方法 事前予約制。下記ご予約ボタンよりご予約ください。
支払方法 講演当日会場にて現金でお支払い下さい。
主催 世界連邦21世紀フォーラム
会場 日比谷図書文化館 4Fスタジオプラス(小ホール)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
>> 会場MAP

只今ご予約は受け付けておりません。

*** ご注意 ***
本フォーラムの講座は『予約制』となっております。ご予約無くご来場頂いた場合、講座へのご参加をご遠慮頂くことがございますので、予めご了承下さい。
各講座は定員になり次第、予約受付を締め切りとさせて頂きます。
本フォーラムは『会員制』となっております。原則的にお申込み順での予約受付とさせて頂いておりますが、一般の方のお申込みの場合、会員の方のお申込みを優先させて頂きますので、予めご了承下さい。